ふるさと納税は利用しないとちょっと損

ふるさと納税はやった人が得をして、してない人が知らない間に少しだけ損をする制度です。

今回は年収300万のふるさんが上限金額の2万円をふるさと納税で寄付した場合を例に紹介します。

 

ふるさんはふるさと納税の上限金である25000円を震災復興と熊本特産の車エビと阿蘇の赤牛のサーロインステーキが欲しくて熊本にふるさと納税で寄付しました。

ふるさと納税 寄付

すると寄付した先の地方自治団体から返礼品として1万円分(還元率50%)の赤牛と車エビの特産品がもらえました。

page
このまま終わったら2万円出して1万円分の特産品をもらっただけなので損。

というか本来の寄付と同じなのですがふるさと納税の場合、支払った2万円の内1万8000円を税金を納める金額を少なくしますよ(控除)という形で戻ってきます。

※確定申告をすれば所得税と住民税から返ってきて、ワンストップ制度を利用して確定申告無しで手続きしたの場合は住民税から返ってきます。

返ってくると言っても、来年の住民税が2割ほど少なくなっているのが12か月続きます。(今回の場合は月々1500円程度)

 

給料は去年と変わらなくてもなんだか今年は若干手取りが多くなります♪

寄付したお金の流れはこんな感じです。

%e3%81%b5%e3%82%8b%e3%81%95%e3%81%a8%e7%b4%8d%e7%a8%8e

 

誰も損してないじゃん!( ゚Д゚)って見えるのですが・・・

 

ちょっとだけ損する人がいます。

 

ふるさと納税で寄付した2万円の内、翌年に1万800円を控除という形で住民税を少なくしてくれるのは、ふるさん(寄付者)が住んでいる市区町村です。

市役所や国は住んでいる人達から住民税や消費税などを払ってもらって運営していますよね。

つまり僕がふるさと納税をして、あなたがふるさと納税しなかった場合、あなたが払っている税金の中の一部が私のふるさと納税をした時の控除に当てられることになります。

画像にしてみました。

%e3%81%b5%e3%82%8b%e3%81%95%e3%81%a8%e7%b4%8d%e7%a8%8e-2

結局お金を回して経済の活性化を狙っている仕組みなんだと思います。

 

もっとシンプルに言うと2000円払って1万円分の地方の特産品が買える。

足りない8000円は私の住んでる街や国が税収から補助してくれる。

 

お金を少しも減らしたくない、買い物すらしないという人はあまり魅力的ではないかもしれません。(ほとんどいないと思いますが)

 

お得に美味しいものをGETしたい!国の制度を賢く利用したい人はふるさと納税が今かなりいいです。( *´艸`)

ふるさと納税を利用した人は実質2000円で国や地方自治体から優遇してもらい地域の特産品をお得にゲットして、ふるさと納税をしてない人は今まで通り税金を徴収されています。優遇の分は税収から支払われている。
つまりふるさと納税している人が少し得をしてふるさと納税してない人が少し損しているのです!

 

僕と同じく年収が300万の人でも場合は2000円払ったら1万円分の地方の特産品を買える権利を放棄しています。

お得に人生楽しみましょう♪
読んでほしいふるさと納税の基本

⇒①ふるさと納税とは?仕組みを簡単に説明

⇒②ふるさと納税はやらないとちょっと損な理由 ←今ココ!

⇒③限度額の計算方法

⇒④ふるさと納税サイト ランキング

⇒⑤支払い方法でもっとお得に活用する

サクッとふるさと納税したい人は⇒④ふるさと納税 ランキング

[ふるさと納税] ブログ村キーワード

投稿日:2016年11月16日 更新日:

Copyright© サラリーマンでもふるさと納税は節税と返礼品で2度美味しい , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.